長堀銘木

天然木・銘木・無垢板など、切断面に見られる木目の種類についてご説明します。


HOME > 天然木・銘木について > 木目の種類

木目の種類

木目(杢)とは木の切断面に見られる、冬目(冬に育った濃厚な色の部分)と夏目(夏に育った部分)により描かれた模様をいいます。
その模様は、たとえ同種類の木であっても1本1本がすべて異なり、同じ模様は存在しません。育った環境や樹齢などから独自の木目が描かれ、それこそが天然木ならではの魅力ともいえます。また、木目が成長過程で様々な要因により乱れ、装飾性の高い模様が表れることがあります。これを、杢(もく)と呼びます。

杢の種類

全面杢(ササ杢)

全面杢(ササ杢)全体に木目の詰んだ細かい柄の杢目です。
原木の年輪の細かさに特徴があり、大径木からしか取ることができません。
また、取れる部分も限られているため希少です。

中杢(杉)

中杢(杉)板目が板の中心に細く、しかもまっすぐにのっている杢目です。
とても上品な模様とされています。

玉杢(広葉樹)

玉杢(広葉樹)板目の模様が玉状や渦状になった、銘木を代表する杢です。
玉杢が浮き上がったように見えることが特徴。
老齢な大径木からしか取れないため、希少な杢とされています。

笹杢

笹杢木目が笹の葉のように細かく波打っている(玉杢に類似)杢のことをいいます。
原木の切り口の年輪が、細かく揺れているものから取れ、最低でも樹齢200〜400年以上の老木から、ごく希に表れるものです。

ぶどう杢(バール)

ぶどう杢(バール)ぶどうの実のような形をした杢のことをいいます。
バールやコブといった名称で呼ばれることもあります。

縮み杢

縮み杢トチ板などに見られる杢で、年輪が縮んだように見られることから縮み杢と呼ばれています。
楽器や釣り具などによく使用されます。

純白杢(栃・楓)

純白杢(栃・楓)赤みの一切入らない、白太の部分のことをいいます。
幅の広いものは、よほどの大径木でなければ取ることができないため希少です。なお、ケヤキ(欅)などは逆に赤みの強い部分に価値があるとされています。

鶉杢(うずらもく)

鶉杢(うずらもく)鶉の羽に似た模様の杢をいいます。
杉(屋久杉)から取ることができ、装飾性の高さが特徴です。

虎杢(とらもく)

虎斑(とらふ)虎の縞のような模様の杢をいいます。

蟹杢

蟹杢カニの甲羅模様に似た、力強く複雑な模様の杢をいいます。

如輪杢(じょりんもく)

如輪杢(じょりんもく)如輪杢は玉杢の一種で、魚のうろこのように見えることが特徴です。魚鱗杢と呼ばれる場合もあります。

ページの先頭へ

その他の杢

鳥眼杢(バーズアイ)

鳥の目のような濃い色の中心部と同心円が複数連なる杢のことをいいます。

筍杢

板目面に見られる模様です。
他の杢と比べて特色が薄く、山杢と呼ばれる場合もあります。

ページの先頭へ

木取りの種類

木取りとは、原木から材を切り取って板に加工したり、板から部材に加工することをいいます。
1本の木でも木取りの方法によって、その表情に違いがでます。
また、木取りには板目取りと柾目取りの2種類があります。

板目板の端から一定方向に挽いていく方法で、これにより表れた杢目を板目といいます。
部材を大きく使用したい場合などによく使われる製材方法です。

柾目柾目取りは、板の中心から外側に向かって四ツ割り状に挽いていく方法です。これにより表れた杢目を柾目といいます。
用途によっては、ケーキをカットするように製材することもあります。

お問い合わせ

株式会社 長堀銘木

〒556-0021 大阪市浪速区幸町2-5-13
Tel 06-6561-2188(代) Fax 06-6561-2186
E-mail:info@nagahorimeiboku.jp

豊富な銘木豊富な在庫から、お好きな銘木をお選びいただけます。

アクセス方法はこちら


お電話からのお問い合わせ 06-6561-2188 インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お見積りはこちら

ページの先頭へ