長堀銘木

銘木に関してよく寄せられるご質問と、その回答をご紹介します。


HOME > 天然木・銘木について > 天然木・銘木に関するQ&A

銘木・天然木に関するQ&A

銘木に関してお客様からお寄せいただく様々なご質問と、その回答をまとめました。
掲載情報は随時更新しておりますので、以下に掲載されていない内容でご不明な点がございましたら、 お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

銘木は「木のすぐれもの」

Q1 なぜ「銘木」と「名木」を使い分けているのですか?
名木は、神社や名刹などにある樹齢を経た大木や、「秀吉お手植え」といわれるような木、また、その地方の風習や因習の中で人と密接な関係を持って愛されてきた木などをいいます。
これに対して銘木は、由緒ある名木や山の中で枯れたり倒れたりしている古い木から良質の材を取り、人が手をかけて建築材として再び蘇らせた木をいいます。
Q2 銘木は一般の木材とは違うのですか?
はい、違います。
特に形状、材質、色、艶、木目などが優れた木のことを、昔から木材と分けて「銘木」と呼んでいます。
Q3 銘木にはどんな種類があるのですか?
銘木は原木の段階ですでに銘木であるもの、半製品の状態(木挽や製材機にかけて、大割、板引きしたツキ板・盤用材、板類など)になって初めて銘木といわれるもの、そして製品になってから銘木になるものがあります。
Q4 銘木には条件といったものがあるのですか?
それは一口には言えません。たとえば、板類を取るためには樹齢が200年以上のものだと幅広く、長く、狂いのない材が取りやすくなります。
樹齢の経った木は年輪が詰んでいるので、きれいな木目が取れ、独特の光沢も備わっています。
Q5 育った環境は条件に入りますか?
はい、入ります。
木は樹齢によって生育に適した自然環境があります。自然の条件に恵まれて産地が形成された例として、秋田杉、北山杉、吉野杉、木曽檜などがあります。
木によっては厳しい自然環境のほうがよいという場合もあり、たとえば屋久杉や伊豆七島の桑などは、気候は温暖でも雨が多く風の強い環境が育てた銘木といえます。

ページの先頭へ

Q6 変わった形の木も銘木になりますか?
自然の力によって非常に珍しく、変わった形になった木も銘木として珍重されています。
ただ、そうした変木の場合、回りの材料とよく調和させて使うことが重要です。節のある場合でも節目が美しく、バランスよく入っているものを上手に生かせば銘木といえるでしょう。
Q7 素材の良さが銘木の条件ですが、その良さを引き出すために、特別に手を加えたりすることもあるのですか?
銘木は切り出しから製品になるまでに、一般材とは桁違いともいえるほど多くの人の手がかかっています。
その木が持つ良い表情をより引き出すために、たとえばこの木は削ったままがよいとか、削って漆を塗るとか、同じ木の煮た汁をこすりつけるなど、長い経験と木に対する厳しい目を持ったプロによって、銘木として仕上げられるのです。
Q8 銘木屋さんと材木屋さんは違うのですか?
もちろん違います。材木屋は、一般材と呼ばれる家の構造部材、つまり建前の時に見られるような木材を扱います。これに対して銘木屋は、建前後の内部化粧材を扱います。
また、一般の木材はある程度まとまった単位で取り引きされるのに対し、銘木の場合は1本・1枚単位で取り引きされることが主流です。
さらに銘木は、昔はほとんど足を使って探していましたが、今では業者間で各地の情報を互いに交換して探し出します。しかし、探し出した木からどういった材がとれるかが問題です。樹齢を重ねすぎた木の中には、大きな洞があったり、枝が張りすぎて銘木になる部分が少ないという場合がよくあり、必ずしも銘木として生き返らないものがあります。その点は、銘木屋にとって苦労するところといえます。
Q9 素人から見れば同じに見える木でも、値段に差があるのはどうしてですか?
産地、樹齢、色、艶、木目の美しさなど、銘木としての条件をどれだけ備えているかで、値段は変わってきます。
同じように見える木でも、目利きといわれる人が見て希少価値や特殊性を判断し、それに需要と供給のバランスが加わって値段がつけられます。
一例として、同じ直径の磨丸太でも15年ものと35年ものとでは、値段が業者間で5倍から10倍も違ってきます。35年ものは年輪の目が詰んでいるため、15年ものに比べて磨いた木肌がはるかに細かく、艶やかです。しかも施工後も形状が変わりません。
一方、15年ものは目が粗く、施工後収縮するため干割れ、ねじれ、曲がりなどが起こりやすく、色ムラも出やすくなります。こうした差は、樹齢の違い(20年)によるもので、樹齢が銘木としての価値を決める例といえます。 「銘木は値段があってないようなものだ」とよく言われますが、これは大きな誤解です。
Q10 銘木はどのようなところに使うのですか?
銘木は人と同じように、それぞれ個性があります。その個性を生かし、建築材の中でも特に内装材として使われます。
床の間を中心として部屋の中で、床柱(とこばしら)、床板、床框(とこがまち)、落掛(おとしがけ)、棚、天井板や、竿縁、廻縁(まわりぶち)、長押(なげし)、鴨居(かもい)、敷居などの造作材、廊下板、上框(あがりかまち)、障子の桟(さん)や照明具など、幅広く使われています。

ページの先頭へ

Q11 銘木の使い方にこれといった決まりはあるのでしょうか?
特に決まりはありません。使う人の感性、審美眼を発揮しながら自由にお使いください。
しかし、先陣の知恵として「適材適所」というものがありますから、参考にするとより良い家ができるでしょう。
また、現代では構造、内装などへの制限や空調設備との絡みもありますので、現代の実状にあった適材適所というものを考えていくべきでしょう。
Q12 先人の知恵にはどんなものがありますか?
日本人と木の付き合いは非常に長く、木の上手な使い方については様々な知恵があります。
まず昔は、今日のように設計図を描いたわけではありませんが、非常に合理的かつ経済的な「木割り」ということを考えてきました。
たとえば、柱の太さが決まると他の部分に使う木の太さがおのずと決まってくるというようなもので、これは現代の建築にも生かされています。また、天井の高い部屋に細い柱では貧弱ですし、小さなお茶室に太い柱を並べてもバランスが安定しません。木を使用するにあたっては、樹種の取り合わせや匠の技によって、構造をより美しく見せ、意匠という美的要素を際立たせる「収まり」という考え方があります。
たとえば、清水の舞台の柱と抜きの絶妙な取り合わせや、正倉院や唐招提寺の板壁(校倉)などがこの例です。 合理的で、しかもバランスのよい建造物を造るための知恵といえます。
Q13 銘木の適材適所の使い方は?
木の上手な使い方のポイントは、時間が経っても木の美しさを損なわないように使うことです。
たとえば、寝室の天井は目が絡まない柾目、書斎には品良く落ち着いた桐、敷居などのように目の下にくる場所には木を目立たせないために柾目、風呂には肌の感触や水に対する強さなどの点から、榧(かや)、槙(まき)、檜(ひのき)、椹(さわら)、土台やぬれ縁には、腐りにくい栗や榧、火の気の多いところには燃えにくい桐、トイレの床板には芳香があり防虫効果もあるといわれる楠といった用い方です。
Q14 和室を造るうえで、参考になる考え方はありますか?
日本の伝統文化には「真」「行」「草」という哲学があります。
これを建築や建物にあてはめると、格調ある本床や書院造りなどが「真」、真をややくずしたものが「行」、行を簡素化したものが「草」で茶室や草庵 になります。
しかし、現代では真、真行、行、行草、草などと多様化してきており、現代の和室の大部分は真行にあたり、今日的な数奇屋造りは行草の部分に入るのではないでしょうか。
このような考え方は建物のあらゆる部分に通じます。屋根に始まり、壁、玄関、廊下、板の間、縁、軒などの形や材料、さらには襖の絵柄や調度品にまで及びます。掛け軸や置物などの床飾りも、部屋の様式や床の間回りの木とアンバランスにならないように気を使いたいものです。昔から床飾りは控え目な心の表現が大事とされてきました。
そして、最も大切なのは住む人の心です。折にふれていいもの、本物に接していると、日本の伝統文化のよさが再認識され、より豊かな精神生活が送れるのではないでしょうか。
銘木を使った和室を通して、日本の心を知ってほしいと思います。
お問い合わせ

株式会社 長堀銘木

〒556-0021 大阪市浪速区幸町2-5-13
Tel 06-6561-2188(代) Fax 06-6561-2186
E-mail:info@nagahorimeiboku.jp

豊富な銘木豊富な在庫から、お好きな銘木をお選びいただけます。

アクセス方法はこちら


お電話からのお問い合わせ 06-6561-2188 インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お見積りはこちら

ページの先頭へ